太陽光発電導入可否を判断するために必須の3ステップ

これだけ抑えておけば絶対に損しません!

太陽光発電を導入して必ずトクする方法を紹介します。

 

たったこれだけのステップを踏めば、簡単に判断することができます。

 

太陽光発電で絶対に失敗しないために・・・。

 

太陽光発電で損しないため・・・。

 

私たちは徹底的に研究しました。

 

そして、多くの方が気にしているのは、損しないだろうか、本当に得するのだろうか、 という点だということに気づいたのです。

 

損とはなにか、得とはなにか、を追求してわかったことは、

 

太陽光発電を導入するのには、損益分岐点があるということです。

 

当然、導入する目的は人それぞれなので、一概に言えないのですが、

 

得するか、損するかは、一目瞭然に表すことができるとわかったのです。

 

それが、当サイトで紹介する3ステップです。

 

さまざまな失敗事例と成功事例を分析した結果に基づく基準。

 

その根拠をお知りになりたい方は、当サイトのコンテンツや事例集をじっくりご覧下さい。

 

 

ようするに、重要なことは、販売店選びと損益分岐点の見極めだったということです。

 

 

その2点さえ抑えておけば、多くの方が懸念している事項を全てクリアすることができるのです。

 

そして、この重要な2点を簡単にクリアするために作ったのが当サイトの下記の3ステップです。

 

とても簡単にあなたが得するか損するかわかるようになります。

 

まずは、このステップ通りに手順を踏んでいっていただけたら幸いです。

 

下記のステップを踏んで、太陽光発電を導入するべきか否か、明確にしてください。

 

下記のステップで太陽光発電を導入すべきと出た方は、今が導入するのに最も適したときです。

 

まだ導入すべきではないと結果が出た方は、今はまだ導入する時期ではないということです。

 

あなたが損しないように、最適なタイミングで太陽光発電を導入できるように、

 

そして、導入するなら最も安く、費用対効果も最も高い形で導入できるように、

 

徹底した研究の結果作られた3ステップを活用してください。

 

 

まだ、太陽光発電を導入するか否か、決めないでください!

 

 

3ステップを踏んで、意思決定のタイミングでしっかりとした基準に基づいて、

 

最終的に導入するか否か決定してください。

 

決して情や思い込みや、誤った基準で導入判断しないことが、

 

太陽光発電で絶対に失敗しないために必要なことになります。

 

見積を取ったからといって絶対に導入しなくてはいけないということはありません。

 

当サイトに掲載している業者は、しっかりとしたコンプライアンスに守られた、

 

超優良なサイト・業者ばかりです。

 

しつこい営業はありません。

 

気楽に3ステップを踏んでいただいて、最終的には現地調査をしてもらった段階で、

 

導入するか否かを判断していただけたらと思います。

 

導入決定して工事発注するまで一切お金はかかりません!

 

完全無料で安心して検討作業を進めることができます!

太陽光発電導入するか決める究極の3ステップ

簡単3ステップ

 

ステップ1

 

損益分岐点を知る。

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益 ≦ 10

 

見積とシミュレーションを取得するだけで、そこに記載されている数値を当てはめるだけ。

 

公式を満たせば導入して損することはありません!

 

前向きに検討しましょう。

 

公式を満たさない場合は、損する可能性があります。

 

その場合は、ステップ3で最後の望みを繋ぎましょう。

 

それでもダメなら、今回は断念しましょう。

 

もっと安くて発電効率がよい製品ができてから再度チャレンジしましょう。

 

確かに機会ロスは発生します。

 

しかし、太陽光発電は個体差があって当たり前のこと。

 

設置場所によって損益分岐点を満たさない場合は、一旦導入を見合わせて吉です。

 

あなたには、まだ導入時期ではないですよっと神様が言ってくれてるのかもしれません。

 

でも、もしトクするのであれば、やってみない手はないと言えるでしょう。

 

 

ステップ2

 

見積とシミュレーションを取得しましょう。

 

下記の太陽光見積もりサイトで「簡易見積り」を取得下さい。

 

簡易見積りで損か得かある程度判断することができます。

 

当サイトの取得方法を見ながらシミュレーションと併せて取得してください。

 

 

ポイントは、良質な情報選びです。

 

しっかりとしたコンプライアンスに守られた業者から見積を取得することで、

 

しつこい営業で嫌な思いをしたり、判断を急かされたりすることがなくなります。

 

情報と業者を見極めることが何よりも重要です。

 

 

ステップ3−1

 

ステップ2までで採算基準を満たす場合は、最後のステップとなります。

 

もうすでにあなたのお宅で太陽光発電を導入して得する可能性は極めて高い状況です。
 
しかし、まだ最終判断はしないでください。

 

もしかしたら、ご自宅の屋根の状況によっては、本当は基準を満たさない可能性があります。

 

どういうことかというと、太陽光発電のプロによる最終現地確認が済んでいないということです。

 

最後のステップとして現地調査を依頼しましょう。

 

現地調査は、実際に業者に来てもらって自宅の調査をすることです。

 

ここで出てきた最終的な正確な見積とシミュレーションを元に、

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益 ≦ 10
 
公式を満たすような導入するという判断を、
 
公式を満たさないようだったら導入しないという判断を、
 
この段階で最終的に判断してください。

 

業界唯一のメーカー直販をしているソーラーフロンティアにも見積もりを依頼して内容を比較検討します。

 

ソーラーフロンティアのページから当サイトのナビに従って見積依頼をかけてください。

 

そして、最も安くて費用対効果を高く導入できる方で最終的な判断をします。

 

費用対効果を知るには、先の採算基準の数値が小さい方を選べばよいです。

 

すなわち、初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益の数値です。

 

あとは、その販売店に任せれば問題なく手続きが進んでいきます。

 

(支払い方法はローンであっても問題はありません。損益分岐点は変わらないです。)

 

最終的に業者を決定する基準

 

費用対効果の高い方を選ぶ。

 

アフターフォローがよい方を選ぶ。

 

保証内容が充実している方を選ぶ。

 

ローンを組む場合は、金利も比較すること。

 

 

 

 

ステップ3−2

 

残念ながら、採算基準を満たさなかった場合。

 

つまり、10年以内で初期費用を回収できない場合。

 

最後の望みをかけて
業界唯一のメーカー直販をしているソーラーフロンティアに見積依頼しましょう。

 

この業者はメーカーの直販です。

 

ここでダメならどこでもダメと思って、チャレンジしてみてください。

 

当サイトのナビにしたがって
業界唯一のメーカー直販をしているソーラーフロンティアで必要事項を入力してください。

 

なお、10年以内で回収できなくてもよいという方は、この限りではありませんが、

 

もしそうであれば、少し待てというサインかもしれません。

 

これからも技術は進化し続けますし、価格も下がっていくと思います。

 

絶対に後悔しないためにも、待つことも一つと捉えて慎重に検討してみてください。

 

当サイトで紹介している業者は、しつこい営業をすることはありません。

 

もし満足いかなければ、堂々と導入しない旨お伝えすればよいと思います。

 

しっかりと検討して後悔の残らないようにしていただけたらと思います。

 

 

 

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。