産業用太陽光発電の費用対効果最大化|3つのポイント

産業用太陽光発電で後悔しないために

太陽光発電アドバイザー

警告!後々産業用太陽光発電でおいしい思いを20年間し続けるために、導入前に今、手間を惜しまずしっかりと比較検討をしてください。

ちょっとした面倒な手間を惜むことであなたは、初期費用で640,000万円、20年間のトータル収益で836,000円、合計1,476,000円も損をしてしまうかもしれないのです。−しかも、たった10kWの最低限の規模でです。当然それ以上の規模であれば、その係数倍の損失になってしまうことでしょう。

 

産業用太陽光発電は、初期費用に最低でも300万円程度はかかる投資です。
規模でいうと10kW以上の太陽光発電設備を導入することをさしています。
その初期費用を7〜8年で回収して、さらに12〜13年かけて儲けを増やしていく仕組みです。
当然のことならが、導入してからいろいろと変更できるものではありません。
導入前の検討段階で向こう20年間の勝負のすべてが決していくわけです。

 

一社だけの意見を聞いて済ましてしまっても後悔はしませんか?

そんな大切な投資なのに、テキトーに頼んだ一社の意見だけで決めてしまってもよいですか?
もし業者選びによって初期費用を2割程度落とすことができて、パネル選びで年間の発電量が1割増やすことができたとしたら・・・。
あなたは、最低でも初期費用で640,000円(1kWあたり320,000円として)、ランニングの収益で836,000円(日本の標準的な場所における平均年間発電量は1kW規模あたり1,100kW程度)の合計、1,476,000円も損することになってしまいます。
たった、10kwの設備でです。これが50kWの設備になったとしたら、なんと7,380,000円にもなってしまいます。
それでもあなたは、とりあえず簡単に見積もりとって、簡単に検討して、簡単にオーダーしてしまいますか?
それとも今、いくつかの業者に見積もりを依頼して、限られた条件の中ながらも、もっとも信頼できそうな業者にもっともよく発電するメーカーでもっとも耐久性のあるパネルをもっとも安く導入することを選びますか?

 

産業用太陽光発電で費用対効果をもっとも高く導入する3つのポイント

この3つのポイント抑えるだけで、あなたは産業用太陽光発電の導入で費用対効果を最大にすることができます。
これは、特定非営利法人日本住宅性能検査協会公認の太陽光発電アドバイザーとして、おススメする簡単で効果的な非常にっ有効なポイントになります。

  1. しっかりと現地調査するして導入すべきかどうか見極める
  2. 判断基準を明確にする
  3. できるだけたくさんの業者から見積もりとシミュレーションを取得して比較検討する

以上の3つのポイントを抑えて導入するかどうか判断してください。

 

3つのポイントの解説

ポイント1.しっかりと現地調査するして導入すべきかどうか見極める
  1. 初期費用がいくらかかるか
  2. その場所でどれだけ発電するか

この2点が大切になります。
1.は設置場所をテリトリーとする業者がどこなのか、という業者に関する側面と、設置場所として基礎を設置することが必要なのかなど設置場所に関する側面の2つの要素があります。
2.については、年間の日照量が影響してきます。
太陽光発電ですので、夜間は発電しませんし、雨や雪、曇りの日などは発電量が減ります。また逆に晴天であっても気温が高くなりすぎるとパネル内部の温度が上昇して発電効率が低下してしまいます。以上のことから導入価格の見積もりと設置後の発電シミュレーションをしっかりと理解することが必要です。

 

ポイント2.判断基準を明確にする

導入するかどうかの判断基準を明確にする点については、見積もりとシミュレーションを取得した上で、複数の見積もりを以下の数式に当てはめることで、導入すべきか見合わせるべきかはもちろん、どの販売店のどのパネルがもっとも費用対効果が高いかを明確化することができます。
この数値が10未満であれば、10年未満で初期費用を回収できるということを意味するので、導入すべきということができます。

太陽光発電の費用対効果を見極める数式
初期投資費用 ÷ 年間想定発電量kWh × 売電単価

 

ポイント3.できるだけたくさんの業者から見積もりとシミュレーションを取得して比較検討する

太陽光発電業者や一括見積もりサイトはすごくたくさんあります。
その中で、どの業者があなたにとってよいかというのは、会ってみて、見積もりとシミュレーションを比較することでしか見極めることはできません。
ただし、気をつけていただきたいことがあります。
たくさん見積もりを取得すればするだけ安くなる可能性はありますが、信頼のできる業者に見積もり依頼をかけてほしいということです。
信頼できる業者とは、誠実でしっかりとしたアフターフォローができる確かな工事を提供している業者=企業コンプライアンスがしっかりしている業者です。
どれだけ安く導入できたとしても、工事の不良やアフターフォローがきちんと提供されなければ、返って割高な買い物になってしまいかねないからです。

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。