太陽光発電10kW以上を産業用で導入するなら今しかない!

10kW以上の産業用太陽光発電を導入するなら今がチャンス

こんな疑問抱えていませんか

 

このページをご覧いただくことで、そのすべてを判断するために必要な情報を得ることができるでしょう。

 

普及が加速する産業用太陽光発電

 

産業用太陽光発電(売電収益目的で10kW以上の設備を導入する)に参入する方が増えています。
特に2012年度、2013年度は圧倒的に割合で大規模な発電所が設置されており、
いわゆるメガソーラーから一般個人の方に至るまで、多様な方が参入しています。

 

太陽光発電普及状況
株式会社矢野経済研究所(http://www.yano.co.jp/press/pdf/1151.pdf)2013年9月24日発表

 

なぜ、そんなにたくさんの方が、10kW以上の太陽光発電を導入しているのでしょうか?
上図の予想グラフを見ると2013〜2014年度までの普及が大きくなっているのがお分かりになると思います。

 

2014年度までが10kW以上の産業用太陽光発電を導入するチャンスなのです。

 

産業用太陽光発電と言っても家庭用と異なるのは要件は規模だけで、ただ10kW以上の設備を導入することです。
つまり初期投資でいうとおおよそ300万円程度からの金額で済むうえ、
日当たりのよい100平米程度の屋根か土地などの空きスペースがあれば、
だれでも参入することができるものです。

 

つまり、とても「おいしい投資」でありながら、そんなに敷居が高いものではないのです。

 

しかも、ローンを活用すれば、初期費用をかけずに収入源となる太陽光発電所を、所有することができるのです。

チェック

一般的な場所では、10kWの太陽光発電を設置すれば、おおよそ11,000kWの発電量を得ることができ、

全量売電すれば、収益は415,800円にもなるのです。
※2013年度導入売電単価36円税抜き/kWh+消費税5%の場合
※2014年度導入売電単価34.5円税込/kWh+消費税8%の場合は、380,160円の売電収益になります。
もちろん、条件のよい場所でしたらもっと発電します。

 

つまり、現金で投資した場合は、初期費用はおおよそ年利10%以上の割合で利殖され、ローンで活用しても小遣い程度の収益を得ながら、将来の大きな資金源とすることができるのです。

 

しかも、設備が稼働している限り、国が2013年〜2014年度に導入するのであれば、
1kWhあたり36円税別で電力を買い取ることを保証しているわけです。(2013年度)
1kWhあたり32円税別で電力を買い取ることを保証しているわけです。(2014年度)
向こう20年間固定価格で、です!
こんな美味しい話はないのではないでしょうか?

 

産業用太陽光発電が投資として魅力的な8つ理由

  1. 低リスク高リターンの効率のよい投資
  2. 月10%の利回りを安定的に確保できる
  3. 比較的少額でも産業用太陽光発電として参入できる
  4. 高耐久商材のため長期的な運用に適している
  5. 長期にわたるメーカー保証つき
  6. 運営コストが安価
  7. 国の制度による買取保証による安心
  8. 競争激化による低価格化

投資で多くの方が最も懸念するのは、
投資した商品が将来的に本当にリターンを運んできてくれるのか、
あるいは投資した商品が値下がりすることはないかということですが、
この10kW以上の産業用太陽光発電投資には、そのような死角が一切ないのです。

 

もちろん、先にあげた100平米程度の日当たりのよい空きスペースがないとだめですし、
そもそも300万円以上の現金か融資を引っ張ってくれる信用力がないと
参入することは難しいですが・・・。

 

※あるいはもし、太陽光発電を設置する場所はないけれど参入したい場合は、
借家住まいでも太陽光発電を導入する方法をご覧ください。

 

以下仮に10kWで産業用太陽光発電を導入したらどんなシミュレーションになるかを
紹介したいと思います。あくまでもすべて平均的な数値で記載しているので、
導入する場所によって、業者によっては、もっと利益が上がる場合もあれば、
逆に利益が下がる場合もあることをご承知おきください。

 

例:初期導入費用 3,500,000円 2013年度導入の場合
年間発電量 11,000kWh 売電単価は37.8円

 

年間収益 11,000 × 37.8 = 415,800円
年利回  415,800 ÷ 3,500,000 = 11.8 %

 

20年間での想定総収益は、8,316,000円となり、初期費用を差し引きすると、
4,816,000円の利益ということになります。

 

ただし、当然20年の間には数%の発電量の低下やメンテナンス費用、保険料などがかかってきて、
さらにパワーコンディショナーの交換か補修も必要になることから、
おおよそ数十万円の費用は別途かかること想定しておいてください。

 

これが仮に全額ローンで導入した場合、年利3%の融資だとすると15年間で組んだとして、
年間返済金がおおよそ290,000円となりますので、収益は、
415,800 - 290,000 = 125,800 円

 

20年間での総収益は、15年目までは上記の収益でその後はローンがなくなるので、
125,800 × 15 + 415,800 × 5 = 3,966,000円

 

もちろん現金で購入する場合も同様数十万円の経費は別途かかります。
ローンの活用した場合は、初期費用は一切かからないところが魅力でしょう。

 

例:初期導入費用 3,500,000円 2014年度導入の場合
年間発電量 11,000kWh 売電単価は32円+税

 

年間収益 11,000 × 32 × 1.08 = 380,160円
年利回  380,160 ÷ 3,500,000 = 10.86 %

 

20年間での想定総収益は、7,603,200円となり、初期費用を差し引きすると、
4,103,200円の利益ということになります。

 

ただし、当然20年の間には数%の発電量の低下やメンテナンス費用、保険料などがかかってきて、
さらにパワーコンディショナーの交換か補修も必要になることから、
おおよそ数十万円の費用は別途かかること想定しておいてください。

 

これが仮に全額ローンで導入した場合、年利3%の融資だとすると15年間で組んだとして、
年間返済金がおおよそ290,000円となりますので、収益は、
380,160 - 290,000 = 90,160 円

 

20年間での総収益は、15年目までは上記の収益でその後はローンがなくなるので、
90,160 × 15 + 380,160 × 5 = 3,253,200円

 

もちろん現金で購入する場合も同様数十万円の経費は別途かかります。
ローンの活用した場合は、初期費用は一切かからないところが魅力でしょう。

 

 

とにかく!

 

もし、あなたが以下の条件を満たすのであれば、10kW以上の産業用太陽光発電を真剣に検討してみてください。

  • おおよそ100平米程度の日当たりの良い遊休土地や屋根を所持している
  • 300万円程度の初期費用を準備できる(現金か融資で)

※実際に収支が合うかどうか、ローンが組めるかどうかは、調べてみないとわかりません!

 

だからまず、信頼できる業者に相談=見積もりとシミュレーションの取得をすることをおススメします。

 

見積もりとシミュレーションは、太陽光発電業者であれば、どこでも出してくれます。
しかし、絶対に業者選びで失敗しないためには、信頼できる業者でかつ価格の安いところに依頼することが必要になります。
どこか確信の持てる業者を知っているのであれば、その業者に頼んで調査してもらいましょう。
でももし、そんな業者がいないよというのであれば、当サイトおススメの業者に依頼してみてください。

 

産業用太陽光発電見積もり
【全国対応】法人・産業用太陽光発電の見積

 

から見積もり・シミュレーションを取得ください。

 

産業用の太陽光発電をそもそも導入することができるのかどうか!
あるいは、実際に導入できたとして一体費用がいくらかかって、
発電量はどの程度になるのか!

 

調べることなしに、太陽光発電を導入するかどうか検討することはできません。
見積もりを取得した結果旨みがないのでしたら、導入しなきゃいいです。

 

もし旨みがありそうなら・・・。
2014年度は必ず導入すべき時ということができるでしょう。
全量買取制度における売電価格上乗せのプレミアム期限は、2014年度末までです。
それ以降はどうなるかは、明確になっていません。
一般家庭で使用する電力は、1kWhあたり20円程度です。
それを32円で買い取ってくれるというのは非常に大きなメリットということができるでしょう。

 

2012年度に慎重に検討していた結果、導入時期を逃してしまい、
買取単価が42円だったのが37.8円になってしまた方の過ちを侵さなくて済むよう、
まずはしっかりと見積もりを取得した上で検討されることをおすすめいたします。

 

産業用太陽光発電が、投資として非常に有利なものであることについては、
10kW以上の産業用太陽光発電で絶対得する秘訣
でしっかりと解説してあります。
また、産業用太陽光発電|費用対効果最大化のために3つのポイントも合わせてご確認ください。

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。