太陽光発電導入支援補助金(導入時の国からの補助金)について

平成25年(2013年)度の補助金について

平成25年(2013年)度の補助金の概要について説明します。

 

期      間 2013年4月17日水曜日から2014年3月31日月曜日まで
補 助 金 額

太陽電池モジュール1kwあたり20,000円又は、15,000円
※1kWあたりの太陽光発電の価格が、2万円〜41万円の場合は20,000円、41万円〜50万円以下の場合は、15,000円。その範囲外は対象外

補 助 対 象 太陽光発電モジュール、架台、パワーコンディショナー、その他付属機器、工事費

 

※期間中でも予算に達した場合は、締切る場合があります。

 

※1kWあたりの補助金対象経費は、
補助金対象経費(税別)÷設置するパネルの公称最大出力の合計値で求めます。

 

 

次に申請の仕方をまとめました。

 

J-PEC太陽光発電普及拡大センターが窓口となって対応しますが、

 

書類も複数あり、手続きも2回に分けて行うため煩雑です。

 

基本的には販売店が代行してくれるので、一括で任せてしまうことをおすすめします。

 

国からの太陽光発電の補助金平成25年度版手続きフロー

http://www.j-pec.or.jp/process/h25/より抜粋

 

 

通常に購入、設置する場合は問題ありませんが、いろいろと条件があります。

 

しっかりとした販売店であれば、補助金が貰えないということは起こらないので、

 

販売店の案内に従って手続きしていただけたらと思います。

補助金支給のタイミング

2012年から太陽光発電が急速に普及したことから、補助金の申請数も多くなっています。

 

そのため、手続きに時間がかかり実際に補助金を受給するまでかなりの日数を要します。

 

設置工事が終了して、申請書を提出して、通知書が届いてから約1〜2ヶ月かかります。

 

つまり、完工後早くて2ヶ月、遅かったら4ヶ月程度かかることが見込まれます。

 

補助金の対象となるシステムが10kW未満ということを考えると、

 

最大でも補助金額は20万円ですので、キャッシュフローは問題ない程度の額だとは思いますが、

 

それでも補助金は遅れて入ってくるということだけは頭に入れておいて頂けたらと思います。

 

平成24年(2012年)度補助金について

すでに終了していますが、平成24年度(2012年)度の補助金についてまとめてみました。

 

期    間 平成24年4月19日〜平成25年3月29日まで
補助金額 太陽光発電モジュール1kWあたり35,000円又は、30,000円1kWあたりの設置費用が3.5万円〜47.5万円は、35,000円、47.5万円〜55万円は、30,000円

 

以上のように平成24年度に比べると随分と補助金額が下落しました。

 

また、対象の1kWあたりの金額も下がっていることがわかると思います。

 

この理由は、太陽光発電システムの市場価格が、この一年で約一割ほど下落したことに起因します。

 

基本的には、不公正にならないよう年度ごとに市場価格に応じて補助金は変更になる見込みです。

 

普及が加速するまでは、大きめの助成をすることを課したのだと思います。

 

太陽光発電の価格動向イメージ図

 

以上からわかるように補助金額は飽くまでも流動的です。

 

ずっと継続されることはありません。

 

すでに業界では、補助はなくなるのではないかとも言われています。

 

予算がなくなり次第ストップとJ-pec太陽光発電普及センターの注記にあったからです。

 

そうは言っても補助金を目当てに導入するわけではありません。

 

しっかりとご自身にとってメリットが大きいのか、デメリットが大きいのか見極めたうえで、

 

導入するか否か判断して頂けたら幸いです。

 

詳しくは、太陽光発電導入の可否を判断する3ステップをご覧下さい。

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

太陽光発電導入支援補助金について関連ページ

全量買取制度について
太陽光発電を導入することによって受け取ることができる補助金のうち最も大きなメリットとなるのが、この全量買取制度です。2012年7月からスタートして年度ごとに買取単価が修正されていきます。詳しく解説してみました。
26年度の補助金打ち切りについて
太陽光発電設置時に国から助成されていた補助金は、平成25年度を持って廃止されることになりました。価格相場が十分下がってきたことが理由のようです。