太陽光発電補助金|25年度以降について

太陽光発電に関わる補助金の3つの種類

太陽光発電の補助金についてのイメージ写真

 

太陽光発電の補助金については、3つの種類があります。

 

平成25年度現在、全く異なる3種類の補助金が用意されており、

 

それぞれ基準を満たせば、すべて助成を受けることができます。

 

3種類は、次の観点から分類されています。

 

 

補助金の出どころ
補助金が助成されるタイミング

 

 

また、以下の3種類にわけることができます。

 

 

 

国からの導入時の補助金

 

国からJ-PEC一般社団法人太陽光発電普及拡大センターを通じて助成されます。


 

 

地方自治体からの導入時の補助金

 

各所属している地方自治体から助成されます。お住まいの地域によって異なるため、詳しくはこちらにてご確認ください。


 

 

国からの全量買い取り制度による補助金

 

2012年7月から実施されている助成で、10kw未満の発電施設の場合(一般家庭)太陽光発電で発電して自家使用した余剰分を、割増価格で買い取ってくれます。なおこの助成金については、電力会社を通じて助成されます。


 

これらをうまく活用することで、太陽光発電はお得に導入することができるようになります。

 

詳しい詳細は、各補助金毎の記事に記載してありますので、そちらをご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電の補助金の行く末

以前突然、太陽光発電の補助金が打ち切りになったことがありました。

 

これは国の制度がかわったことが原因で、数年前のできごとです。

 

補助金の活用とオール電化との組み合わせによってなんとか普及していた太陽光発電は、

 

当時まだ価格が高かったこともあり、一気に売れ行きが悪くなりました。

 

まだ、訪問販売がメインの流通手段だった時です。

 

また、2012年の爆発的な市場の広がりも、全量買い取り制度の影響が大きいです。

 

1kwあたり42円という非常に高額な買い取り価格の設定から、

 

事業として採算ベースにあったことから一気に事業者でも家庭でも普及しました。

 

当然、世界的な市場の広まりによる価格の低下も後押ししたことは間違いありませんが、

 

それでも全量買い取り制度を目的とした事業者の参入が、拍車をかけたことは間違いありません。

 

さらに、国内市場が盛り上がり競争が激化したことから、流通価格がさらに低下して、

 

2013年度からは買い取り価格が38円/kwまで下げられましたが、

 

今後しばらくはその普及速度は、間違いなく加速度的に上がっていくことが予想されています。

 

 

ただし以前急に補助金が打ち切りになったように、

 

今回もいつ打ち切りになるかわかりません。

 

全量買い取り制度では、一旦適用されてしまえば向こう10年間保証されるので、

 

早めに導入されることをオススメします。

 

 

そうはいっても、実際に導入してメリットがないのだったら投資する必要はありません。

 

まずは、あなたの自宅で設置して採算があうのか、しっかりと確認いただけたらと思います。

 

詳しくは、太陽光発電で絶対にトクする3ステップをご覧ください。

 

太陽光発電補助金|25年度以降について記事一覧

太陽光発電導入支援補助金について

平成25年(2013年)度の補助金の概要について説明します。期      間2013年4月17日水曜日から2014年3月31日月曜日まで補 助 金 額太陽電池モジュール1kwあたり20,000円又は、15,000円※1kWあたりの太陽光発電の価格が、2万円〜41万円の場合は20,000円、41万円〜...

≫続きを読む

全量買取制度について

2012年7月に始まった全量買取制度。実質的に太陽光発電の爆発的な普及を促進した起爆剤となった制度です。これは家庭用だけではなく、10kWを超えるような事業用の再生可能エネルギー全般に活用できる画期的な制度で、ドイツなどヨーロッパ環境先進国各国でも取り入れられています。全量買取制度は、一定期間の間に...

≫続きを読む

26年度の補助金打ち切りについて

太陽光発電を導入する際に、国から助成されていた補助金は、平成25年度までで廃止になることが決定になりました。太陽光発電の価格相場が、一定以下に下がったことや補助金を助成しなくてもこれからも普及していくことが予測されることが理由のようです。一旦打ち切りになって、数年前に再開したこの補助金は、正式名称「...

≫続きを読む


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。