太陽光発電を導入する否かの判断基準

これだけで判断することができます。

太陽光発電を導入するか判断するキー

 

太陽光発電システムを導入して得になるのか、損になるのか・・・。

 

経済性という観点からのみですが、判断する基準をお伝えしたいと思います。

 

これさえ抑えていたらまず失敗することはありません。

 

逆にこの公式を満たさないのであれば、導入を少なくとも現状は見合わせたほうが無難と言えます。

 

なぜならば、費用対効果が合わないからです。

 

最終的に太陽光発電を導入して経済性を追求するとなると、

 

求められるのは、費用対効果ということができると思います。

 

なぜなら、どれだけ優れた機器を取り付けるとしても、莫大な費用がかかって、

 

結果費用の割にはあまり多くは発電しないくて初期投資費用を回収できないのでは意味がないですし、

 

いくら安いからといって機器を導入したはよいものの、

 

微々たるものしか発電しないでも意味がないからです。

 

 

適正な製品を適正な場所で、適正な価格で導入することで初めてメリットが最大化します。

 

 

まずは、その公式をしっかりと確認いただけたらと思います。

 

非常にシンプルなものとなっているのでわかりやすいと思います。

現金で導入する場合の判断基準

まずは、現金で導入する場合の判断基準を見ていきましょう。

 

当然ローンを活用したとしても、販売価格というものがあるので、

 

この公式に当てはめたら問題ないのですが、

 

ローンの場合は、金利負担が余分にかかるうえに、金利の上昇リスクも発生します。

 

そのため、現金で導入する場合より少しシビアに判断基準を設定しています。

 

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益 ≦ 10

 

 

※初期投資費用は、当初販売店に支払う導入費用のすべてから、国と地方自治体からの補助金を差し引いた金額
※発電により獲られる利益は、自家使用電力の金額と売電金額の輪
※実際は、節電を意識することによって生じる利益も発生します。

 

平たく説明すると初期費用を10年以内で回収するなら絶対に損はしないということです。

 

なぜならば、初期費用を回収してしまえば、その日以降発生する電力はすべて利益となるからです。

 

おおむね10年までは、補修費用等一切かかることはありません。

 

それ以降も発電保証等つけてくれるメーカーもありますが、最悪そのような付加価値がないとしても、

 

うまくいけば20年以上パネルは耐久します。

 

パワーアップコンディショナーは、10〜15年程度で交換が必要と思いますが、

 

諸々経過利益等まで勘案して、シミュレーション段階で10年で導入できるのであれば、

 

間違いなく即決で導入することを決断してよいと思います。

 

※もちろん、導入を決定するだけで、どこの業者からどの商品を購入するかは、

 

もう一つステップを踏むことをお勧めします。

 

詳細は、こちらのページでご確認いただけたら幸いです。

 

また、この判断基準を満たすか否かを調査するために、

 

無料でシミュレーションを取る方法もしっかりと解説されています。。

 

ローンで導入する場合の判断基準

次にローンを活用して導入する場合の判断基準について、説明します。

 

当然ローンを活用したとしても、販売価格というものがあるので、

 

上記の公式に当てはめたら問題ないのですが、

 

ローンの場合は、金利負担が余分にかかるうえに、金利の上昇リスクも発生します。

 

そのため、現金で導入する場合より少しシビアに判断基準を設定しています。

 

 

発電により獲られる利益 − ローンの支払い金額 ≧ 0

 

 

※ローンの支払い金額については、全額ローンで期間は15年で組んだ場合を想定しています。
※初期投資費用は、当初販売店に支払う導入費用のすべてから、国と地方自治体からの補助金を差し引いた金額
※発電により獲られる利益は、自家使用電力の金額と売電金額の輪
※実際は、節電を意識することによって生じる利益も発生します。

 

これは、初期費用0円で、ランニングでも持ち出し金額が発生しないことを意味しています。

 

つまり、日射量により発電量と支払い金利の変動により多少変動はあるものの、

 

15年間運用して最終的に太陽光発電システムが無料で手に入れられることと同じ意味になります。

 

なぜなら導入費用は金融会社が負担してくれて、

 

返済資金は太陽光発電システムの発電によって賄われるからです。

 

この公式を満たす場合は、即決で導入することをお勧めいたします。

 

ただし、あくまでもローンはローンで借金ですし、金利変動のリスクはあるので、

 

ローンを活用するにしても計画的な返済計画を持っておくことが大切です。

 

 

※もちろん、導入を決定するだけで、どこの業者からどの商品を購入するかは、

 

もう一つステップを踏むことをお勧めします。

 

詳細は、こちらのページでご確認いただけたら幸いです。

 

また、この判断基準を満たすか否かを調査するために、

 

無料でシミュレーションを取る方法もしっかりとご確認下さい。

 

※自己資金にゆとりがある場合は、金利負担がある分現金支払いがメリットを最大化します。

 

 

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

太陽光発電を導入するか否かの判断基準関連ページ

どのようなプロセスで判断したらよいか
太陽光発電に興味・関心はある。でも、どうのように判断して、どういう段取りで手続きしていったらよいかわからない。妥当な価格はいくらでどうしたら最安値で導入できるのかもわからない。そんな方に最適な内容をお伝え致します。
太陽光発電を最安価格で導入する方法
太陽光発電を最安価格で導入する方法についてまとめました。すでにシミュレーションを済ませていて少しでも安く購入したい方向けとこれから導入を検討する方で場合わけしています。