どのようなプロセスで判断したらよいか

まず、何をしたらよいでしょうか?

太陽光発電を導入する目的のイメージ写真

 

太陽光発電に興味があって、一体いくらくらいで導入できるのだろうと、

 

このサイトを訪問してくださった方も多いかと思います。

 

トップページでも書きましたが、当サイトをご覧になれば、

 

的確に導入の意思決定をすることができ、

 

導入するという結論に至った場合は、最安値で導入することができるようになります。

 

 

そこで最初のステップとして、以下の内容を自問自答していただけたら幸いです。

 

 

どうして太陽光発電に興味がわいたのですか?

 

太陽光発電を導入することでどういう結果が出たら満足ですか?

 

あなたが本当に求めていることは、どういう結果ですか?

 

どうしたらその結果を獲られるのでしょうか?

 

もっと良い方法が合ったら検討してみてください。

 

 

まずは、目的を明確化することから始めましょう。

 

 

 

太陽光発電を導入することで獲られる価値

もし上記の質問に明確にお答えすることができなかったとしても、大丈夫です。

 

安心してください。

 

何となく太陽光発電はいいって聞くから、っていう理由で当サイトを訪れてくださる方も多いだろうと思います。

 

最初はそれで十分です。

 

当サイトをしっかりとご覧になられた上で、このページに戻ってきて頂いて、

 

再度確認していただけたらそれで十分ではないかと思います。

 

 

そこで、太陽光発電を導入することで獲られる価値について、まとめておきたいと思います。

 

具体的な詳細な解説については、各リンクをクリックしてご確認ください。

 

必ずお役にたてる情報を提供できていると自負しております。

 

※各リンクについては、太陽光発電メリットのコーナーで紹介してありますので、

 

まとめて確認したい方はこちらからクリックして、ご覧くださいますようお願い致します。

 

 

  1. 経済的なメリットがある。−太陽光発電システムの個人での導入という意味では、究極の問いになろうかと思います。このメリットなくしてシステムの導入≒投資するという判断はできないものと考えられます。
  2.  

  3. 限りある資源を守るために。−再生可能エネルギーの本命として世界的に爆発的な普及をしています。これまでの化石燃料を活用した、どんどん枯渇させていく発電方法とは違って、無限に降り注ぐ太陽光を電力に変換する仕組みで、非常に大きな期待を寄せられています。また唯一個人で導入できる仕組みでもあります。
  4.  

  5. 緊急時の非常用電力として活用できる。−東日本大震災以降、東北地方を中心に電気が得られず苦労をした方が非常に多くあります。そのため、地震などの自然災害のときに太陽さえ出ていれば電力を生産して自家使用することができるということは、非常に大きなメリットとして多くの方から関心を寄せられています。
  6.  

  7. 電力需要の抑制に効果的。−上記3. に通じることですが、自家発電することで、同じく東日本大震災後に実施された計画停電などのときに、全体的な電力不足時に供給側として貢献することができるということが挙げられます。
  8.  

  9. 地球環境に優しい。−太陽光発電は、太陽光エネルギーを直接電力に変換する仕組みであるため、発電時に副産物を発生させることなく、電力を作り出すことができます。そのため、非常にクリーンなエネルギーとして認知されています。

ほとんどの人が経済的な目的のために投資する。

これだけたくさんある太陽光発電のメリットと導入目的ですが、

 

ほとんどの方が、それぞれのメリットを求め享受しつつも、経済性を主題として導入しています。

 

なぜなら、太陽光発電システムは導入するのに、一定以上の初期費用を要するからです。

 

どれだけ地球環境に良いといっても、どれだけ資源を守るために必要と言われても、

 

100万円単位の投資が必要なことを、ただそれだけの理由で投資することは難しいでしょう。

 

そういう意味で、経済的なメリットがあるからこそ、初期投資という経済活動に転換できる、

 

という方が多いのは間違いありません。

 

 

改めて質問したいと思います。

 

どうして太陽光発電に興味がわいたのですか?

 

太陽光発電を導入することでどういう結果が出たら満足ですか?

 

あなたが本当に求めていることは、どういう結果ですか?

 

どうしたらその結果を獲られるのでしょうか?

 

もっと良い方法が合ったら検討してみてください。

 

いかがですか?

 

やはり、発電電力を使用することで獲られる節電効果、あるいは今話題の全量買い取り制度という、

 

売電収入によるリターンを得ること、これなしに導入するという判断はないのではないでしょうか?

 

 

それではどれだけの金額を投資したらどれだけリターンがあるのでしょうか?

 

実際に損益の分岐点となるのは、どういう金額になるのでしょうか?

 

そして、それは本当に実現可能で、お得なことなのでしょうか?


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

どのようなプロセスで判断したらよいか関連ページ

太陽光発電を導入するか否かの判断基準
太陽光発電を導入するか否か、経済性という観点から考えた判断基準をお伝えしたいと思います。具体的に公式に当てはめることで、導入したが得なのか、損なのか、数字で明確化することができます。
太陽光発電を最安価格で導入する方法
太陽光発電を最安価格で導入する方法についてまとめました。すでにシミュレーションを済ませていて少しでも安く購入したい方向けとこれから導入を検討する方で場合わけしています。