送電ロスを最小限に食い止めることができる。

送電ロスとは何か?

送電ロスを最小限にするというイメージ写真

 

電気は発電所で発電され、電線を通って変電所を経るという長い旅路をして、

 

自宅へと運ばれてきます。

 

大変長い距離を移動してくるので、当然のことながら途中で電力は少量ですが失われます。

 

それを送電ロスといいます。

 

現在の電力の供給システムでは、大規模な発電所が日本国内のさまざまな場所に点在していて、

 

そこから電線、変電所を通して自宅へと送られていくという仕組みなのです。

 

つまり、大量生産したものをたくさんの場所に分配するシステムだということです。

 

おおよそ5パーセント程度が送電ロスによって失われていると言われています。

 

送電ロスのイメージ図

 

送電ロス分はだれが負担しているのか?

そうは言っても、経済的な損失を一般家庭が受けるわけではありません。

 

家庭が負担する電気代は、各家庭に設置されたメーターで管理されているため、

 

送電ロスは、生産者=電力会社の負担になっています。

 

当然電気代には、送電ロス分もみなし金額として含まれていることは考えられるものの、

 

経済的にというよりはむしろ、自然資源の有効利用という意味で無駄ということができます。

 

 

つまり、常に電力は5パーセントずつ無駄に消費されているというわけです。

 

 

それでは、使用場所と発電所を極力近づければよいのではないか?

 

そう考えることは至極当然の流れと言ってよいと思います。

 

しかし、現状の電力の価格水準を保つためには、大規模発電所による、

 

電力の大量生産の必要があるため、どうしても近づけることはできないのが現状です。

 

だから各家庭に太陽光発電があるとメリットになる。

だから、各家庭に太陽光発電が導入されるとメリットが大きくなるわけです。

 

なぜなら、使用場所にもっとも近いところで発電できる仕組みだからです。

 

個別で発電することを考えると現状費用対効果が高く、採算ベースに合うものは、

 

現在のところ、太陽光発電しかありません。

 

逆に売電するときは、市場に供給されるまでに送電ロスを生じさせてしまいますが、

 

それでも自宅で使う分は送電ロスが少ないことを考えるとメリットは十分ということができます。

 

※太陽光発電で作られた電力を売電する場合の送電ロスの負担も電力会社で持ちます。

 

というのも売電量を計測する計器、つまり売電計が各家につけられるためです。

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

送電ロスを最小限に食い止めることができる。関連ページ

経済的なメリットを獲られるということ
太陽光発電のメリット一つめは、経済的な利益を獲られるということです。初期投資をして設備を導入した結果、一定以上のリターンとして発電を得て、自家使用による節電効果と売電による収益を手にすることができるようになります。
再生可能エネルギーとして地球資源を守るために
太陽光発電のメリット二つめは、再生可能エネルギーとしての役割として、限りある地球資源を守るために有効だという点です。生活になくてはならない電気を化石燃料を消費することなく、太陽光という無限の資源を活用して生産することができます。
非常にエコでクリーンなエネルギー源であること
太陽光発電のメリット三つめは、非常にエコでクリーンなエネルギー源であることがあげられます。一般に枯渇性エネルギーは燃料を燃焼させるときに二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスを排出します。太陽光をエネルギー源とする太陽光発電では一切の汚染物質を排出しないクリーンなエネルギー源ということができます。
非常時の電力源となる|電気の自給自足ができる
太陽光発電のメリット四つめは、非常時に緊急電源となることができるということ。あるいは電力を自給自足することができるということがあげられる。電気を一般家庭で自給自足できてかつ採算ベースに合うのは、現状太陽光発電だけだろう。一部水力や風力発電を自作する方もあるが、極めて稀なケースだ。