再生可能エネルギーとして地球資源を守るために

無限に降り注ぐ太陽光で電気を作り出します。

地球資源を守るイメージ写真

 

現代社会において日常生活を営む上で切っても切り離せない関係にある電力。

 

私たち人間は、当たり前のように電力を活用して生活し、電気なしでは今まで通りの生活を

 

維持することができないくらい重要で欠かせないライフラインとして電気を位置づけしています。

 

そんな電力は、これまで化石燃料を燃焼させることで発電する火力発電や、核燃料を燃焼させる

 

原子力発電など地球資源を消費することで電気を作り出していました。

 

 

化石燃料の埋蔵量が残り少なくなっていることが明らかになって以来、

 

そのような枯渇性の電力源を必要としない再生可能エネルギーの道が模索されてきました。

 

そんな中でももっとも簡単にそして、無限に降り注ぐ太陽光という強いエネルギー源をつかって、

 

電力を作り出す太陽光発電は、もっとも有効な手段として注目を浴びてきました。

 

 

そして、補助金や製品の普及と競争の激化により低価格化した製品が市場に供給され、

 

今日の太陽光発電ブームが始まりました。

 

日本で本格化したのは、2012年の7月全量買い取り制度発足以降のことです。

太陽光発電は本当に地球資源を浪費しないのか

太陽光発電は、枯渇性エネルギーと違って、電気を発電する際に、

 

太陽光パネルを中心とした発電システム以外は太陽光しか使用しない仕組みです。

 

そのため、パネルの製造他で地球資源は使いますが、一度設置されて稼働し始めたら、

 

それ以降は全く地球資源を使うことはありません。

 

完全に太陽光エネルギーという無限のエネルギーを活用して電気を生み出します。

 

そして、これまでほとんど有効に活用できていなかった太陽光エネルギーを人間が使える

 

エネルギーに変換する非常に画期的なシステムということができます。

 

 

パネル他の製造時に地球資源を使うといってもその量は知れています。

 

どんな発電システムを採用するにしても発電所は必要になります。

 

太陽光発電は、他の発電システムと比べると非常にデリケートで細かなパネルを使いますが、

 

決して多くの資源を使うわけではありません。

 

よって、地球資源を守るという意味では非常に大きなメリットとなるわけです。

 

 

しかも、各家庭で導入することもできるくらいコンパクトで細分化することができるというメリットがあります。

 

そういう意味でも、太陽光発電を導入することは、一台一台の機器が占める割合は小さいとはいえ、

 

とても大きなメリットのあるシステムということができます。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

再生可能エネルギーとして地球資源を守るために関連ページ

経済的なメリットを獲られるということ
太陽光発電のメリット一つめは、経済的な利益を獲られるということです。初期投資をして設備を導入した結果、一定以上のリターンとして発電を得て、自家使用による節電効果と売電による収益を手にすることができるようになります。
非常にエコでクリーンなエネルギー源であること
太陽光発電のメリット三つめは、非常にエコでクリーンなエネルギー源であることがあげられます。一般に枯渇性エネルギーは燃料を燃焼させるときに二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスを排出します。太陽光をエネルギー源とする太陽光発電では一切の汚染物質を排出しないクリーンなエネルギー源ということができます。
非常時の電力源となる|電気の自給自足ができる
太陽光発電のメリット四つめは、非常時に緊急電源となることができるということ。あるいは電力を自給自足することができるということがあげられる。電気を一般家庭で自給自足できてかつ採算ベースに合うのは、現状太陽光発電だけだろう。一部水力や風力発電を自作する方もあるが、極めて稀なケースだ。
送電ロスを最小限に食い止めることができる。
太陽光発電のメリット五つめは、発電所から自宅への電気の送電ロスを減らすことができるということがあげられる。電気は、発電所から変電設備を経て長い旅をして自宅へ運ばれる。その間でごく少量であるが電気はロスしている。自宅で発電することで、そのロスは最小限に減らすことができるようになる。