非常時の電力源となる|電気の自給自足ができる

非常時に電気を使えるという強み

非常用電源となるという安心感をイメージした写真

 

東日本大震災において、電気が途絶えて困った思いをした方もたくさんあったと思います。

 

電気は生活になくてはならないライフラインであるために、万が一途絶えてしまっては、

 

どうしようもなくなるという性質を持っています。

 

生活を営んでいく上で支障をきたしてしまうわけです。

 

 

電気が自給自足できたらこんなに素晴らしいことはないと思いませんか?

 

 

ライフラインは、ほとんどのことが自給自足できません。

 

水だって、今の日本社会で井戸水を頼りに生活している人はほとんどいないでしょう。

 

ガスだって、日本自体にそんなに多く埋蔵されていないですから不可能でしょう。

 

電気も一部の人が自家製の水力発電や風力発電を作っていますが、

 

自給自足できるまでに至っているところは、非常に希だと思います。

 

ところが太陽光発電は、それを可能にします。

 

日中陽が差してさえいれば、電力を時給自足するくらい発電するくらいの能力があります。

 

そして、わずか10年程度で初期投資費用を回収するくらい採算性のよいシステムです。

 

ただし、注意が必要です。

 

太陽光発電は、日照している間のみ電力を生産します。

 

そのため、夜間はまず発電することはありません。

 

そして、太陽光発電システム自体には、蓄電機能がありません。

 

つまり、夜間は蓄電池を導入しない限りは、夜自家発電した電力を使用することができず、

 

電気を時給することができないわけです。

 

 

でも安心してください。

 

現状は、費用対効果の優れた蓄電池はありませんが、現在急速に技術が発達しています。

 

遠くない未来に優れた蓄電池が開発され、普及することは疑う余地がありません。

 

また、現在のところ電力は売電するほうが、自家使用するよりは倍以上お得です。

 

少しでも得をするためにも、しばらくは、自給自足という趣旨からは外れますが、

 

発電した電力はできるだけ売り、将来的に完全自給自足を目指すという方針をとるとよいでしょう。

 

電気全体の需給バランスをとるにも貢献する。

同じく東日本大震災後の夏、計画停電というものに悩まされた方もたくさんあると思います。

 

原子力発電所が操業を停止したことで電力の需給バランスが崩れ、

 

計画的に電力の供給を減らすというものでした。

 

このような電力が需要過剰になっているときにも太陽光発電は活躍します。

 

 

覚えていますでしょうか?

 

計画停電になった時間帯は、平日の日中です。

 

そうです、太陽が煌々と照らして、太陽光発電が思いっきり発電する時間帯です。

 

そんなときに、太陽光発電が設置されてあれば、万が一計画停電に見舞われたとしても、

 

電力は自給で確保することができるようになります。

 

 

さらに、もし在宅でない場合や、余剰に発電するような場合には、電力を欲している市場に、

 

電気を供給することができます。

 

 

自身で使用するにせよ、市場に供給するにせよ、電気が足らない時に非常に世のためにもなる、

 

そんな性質を太陽光発電は持っているのです。

 

 

そして、いつか太陽光発電による発電は、日本でも世界でも、もっともポピュラーなエネルギー源として、

 

主流となっていくことは間違いないことでしょう。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

非常時の電力源となる|電気の自給自足ができる関連ページ

経済的なメリットを獲られるということ
太陽光発電のメリット一つめは、経済的な利益を獲られるということです。初期投資をして設備を導入した結果、一定以上のリターンとして発電を得て、自家使用による節電効果と売電による収益を手にすることができるようになります。
再生可能エネルギーとして地球資源を守るために
太陽光発電のメリット二つめは、再生可能エネルギーとしての役割として、限りある地球資源を守るために有効だという点です。生活になくてはならない電気を化石燃料を消費することなく、太陽光という無限の資源を活用して生産することができます。
非常にエコでクリーンなエネルギー源であること
太陽光発電のメリット三つめは、非常にエコでクリーンなエネルギー源であることがあげられます。一般に枯渇性エネルギーは燃料を燃焼させるときに二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスを排出します。太陽光をエネルギー源とする太陽光発電では一切の汚染物質を排出しないクリーンなエネルギー源ということができます。
送電ロスを最小限に食い止めることができる。
太陽光発電のメリット五つめは、発電所から自宅への電気の送電ロスを減らすことができるということがあげられる。電気は、発電所から変電設備を経て長い旅をして自宅へ運ばれる。その間でごく少量であるが電気はロスしている。自宅で発電することで、そのロスは最小限に減らすことができるようになる。