経済的なメリットを獲られるということ

投資金額の約10%以上のリターンを得られます

経済性のイメージ写真

 

もっとも多くの方が、太陽光発電を経済性を求めて導入します。

 

これは、一般家庭のみならず太陽光発電事業を手がける業者についても同じです。

 

全量買い取り制度が2012年7月に施行されて以来、実に多くの事業者が発電事業をしています。

 

中には、町内会のような自治体まで乗り出すほどです。

 

これは、まとまった投資資金と太陽光パネルを設置するスペースさえあれば、

 

誰でも参入できて安定的な利回り収入を獲られることに起因しています。

 

つまり、太陽光発電は一般家庭で導入されるばかりではなく、

 

太陽光発電による売電を生業とする業者が現れたことはもちろんのこと、

 

ただ設置するだけでよいことからどんな事業体でも参入できることを意味しており、

 

2012年度は非常に多くの業者が参画することになりました。

 

この流れは今後も引き続きしばらくは継続していくことが予想されています。

太陽光発電が投資として成立する理由

太陽光発電は、初期費用を投資して太陽光発電システムを導入し、

 

年一回程度の業者による定期メンテナンスをする以外は全く何もする必要がありません。

 

 

設置されたシステムは、太陽光を浴びて電気を発電します。

 

発電した電気は、まずは各家庭で消費されそれでも余った場合は余剰電力として、

 

電力会社に売電されます。

 

つまり、太陽光発電を導入しなかったら電力会社から買っていたはずの電力を買わなくて済むようになり、

 

余剰分は全量買い取り制度という国によって定められた制度によって、

 

導入から10年間固定の高い金額で買い取ってもらえるという仕組みです。

 

そのようなことから、発電した電力については、すべてリターンとして経済的に享受することができるのです。

 

 

また10kw以上の規模を誇る事業者であれば、発電する電力をすべて売電に回すことができます。

 

現在の電力の買い取り単価は、通常の販売している電力の単価よりはるかに高額のため、

 

発電した電力は使用するよりも売電したほうが圧倒的に得になります。

真の意味で経済的なメリットを得るために

以上のことから太陽光発電は、電力が作られることによって経済的なメリットが発生します。

 

しかし、ただ発電するからといってすべてがメリットになるわけではありません。

 

なぜなら、初期費用がかかるからです。

 

太陽光発電は家庭で利用するにしても投資という観点をしっかりと持っておく必要があります。

 

なぜなら、いくら発電して売電して収益が上がったとしても、最初にかけているお金を

 

回収することなしには、経済的なメリットを得られたとは言えないからです。

 

 

例えば仮に節電効果と売電金額の合計が、毎月5,000円あったとします。
その発電システムをいくらだったら購入するでしょうか?

 

100万円ですか?100万円初期投資をしたとすると毎月5,000円の利益で、
初期投資費用を回収するのに(=元をとるのに)200ヶ月かかります。

 

50万円ですか?50万円初期投資をしたとすると毎月5,000円の利益で、
初期投資費用を回収するのに(=元をとるのに)100ヶ月かかります。

 

200ヶ月は約16年で、100ヶ月は約8年です。

 

同じ5,000円の収益をあげるにしても随分大きな違いがありますよね。

 

そして太陽光発電システムは工業製品であり、半永久的に発電するものではありません。

 

まだ歴史の浅いシステムのために何年で使えなくなるかは正確には言えませんが、

 

場合によっては30年以上稼働することもあると思いますが、概ね20年程度と考えればよいと思います。

 

そう考えるとおおよそ10年で初期費用を回収すれば、投資としておいしい話だと言えると思い、

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益 ≦ 10

 

という太陽光発電を導入するか否かの判断基準を設定しました。

 

※これは今後の電力の価格水準の推移と円相場、さまざまな経済情勢における太陽光発電導入にかかるリスクを係数化して独自の数式で導いた基準となります。

 

この基準に合致して始めて太陽光発電における経済的なメリットを享受できると考えて頂けたら幸いです。

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

経済的なメリットを獲られるということ関連ページ

再生可能エネルギーとして地球資源を守るために
太陽光発電のメリット二つめは、再生可能エネルギーとしての役割として、限りある地球資源を守るために有効だという点です。生活になくてはならない電気を化石燃料を消費することなく、太陽光という無限の資源を活用して生産することができます。
非常にエコでクリーンなエネルギー源であること
太陽光発電のメリット三つめは、非常にエコでクリーンなエネルギー源であることがあげられます。一般に枯渇性エネルギーは燃料を燃焼させるときに二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスを排出します。太陽光をエネルギー源とする太陽光発電では一切の汚染物質を排出しないクリーンなエネルギー源ということができます。
非常時の電力源となる|電気の自給自足ができる
太陽光発電のメリット四つめは、非常時に緊急電源となることができるということ。あるいは電力を自給自足することができるということがあげられる。電気を一般家庭で自給自足できてかつ採算ベースに合うのは、現状太陽光発電だけだろう。一部水力や風力発電を自作する方もあるが、極めて稀なケースだ。
送電ロスを最小限に食い止めることができる。
太陽光発電のメリット五つめは、発電所から自宅への電気の送電ロスを減らすことができるということがあげられる。電気は、発電所から変電設備を経て長い旅をして自宅へ運ばれる。その間でごく少量であるが電気はロスしている。自宅で発電することで、そのロスは最小限に減らすことができるようになる。