非常にクリーンなエネルギー源であること

一切の環境に悪い有害物質を排出することがありません。

エコでクリーンなエネルギー源であるイメージ写真

 

枯渇性エネルギーによる電力の生産活動においては、燃料を燃焼させる際に、

 

二酸化炭素を中心とした温室効果ガスを排出します。

 

さらに燃焼機器に残留した粒子が溜まって、その他のさまざまな有害物質を生み出します。

 

また、原子力発電においては完全に分解されるまでに二万年もかかると言われる、

 

放射性物質の残留物を副産物といして生産してしまいます。

 

その残留物は、処分するだけで膨大なコストと時間と労力を必要とします。

 

 

一方で太陽光発電は、完全に太陽光エネルギーだけを活用します。

 

太陽光に含まれる電子をパネル内部で活用して電気を発電させる仕組みで、

 

一切の副産物を発生させません。

 

有害物質はもちろん二酸化炭素などどんなガスさえも排出しないのです。

 

そういう意味で非常に自然に優しいクリーンでエコなエネルギー源であると言えるでしょう。

 

パネル製造時に環境負荷をかけるから

よく太陽光発電をエコでクリーンな優れたエネルギー源だと言うと、

 

パネルの製造時に大きな環境負荷を与えるからクリーンでもエコでもないという方があります。

 

本当にそうでしょうか?

 

太陽光発電パネルは製造時にそんなに大きな環境負荷を与えるのでしょうか?

 

 

結論から申し上げます。

 

太陽光発電は、他の発電方法に比べても導入時の環境負荷さえも格段に少ないです。

 

なぜなら、発電システムが簡単で容易な仕組みになっているからです。

 

詳しく知りたい方は、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%80%A7%E8%83%BDをご覧ください。

 

ただ、そこまで詳しく調べるまでもなく、直感的にわかると思います。

 

 

火力発電を思い浮かべてください。

 

原子力発電を思い浮かべてください。

 

水力発電を思い浮かべてください。

 

風力発電や地熱発電を思い浮かべてください。

 

そして、太陽光発電を思い浮かべてください。

 

 

その設備の規模の違いで一目瞭然ですよね?

 

太陽光発電は非常にコンパクトで効率的な仕組みになっています。

 

決して、導入時だけを比べても他の発電システムよりもはるかにエコでクリーンということがわかるでしょう。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

非常にエコでクリーンなエネルギー源であること関連ページ

経済的なメリットを獲られるということ
太陽光発電のメリット一つめは、経済的な利益を獲られるということです。初期投資をして設備を導入した結果、一定以上のリターンとして発電を得て、自家使用による節電効果と売電による収益を手にすることができるようになります。
再生可能エネルギーとして地球資源を守るために
太陽光発電のメリット二つめは、再生可能エネルギーとしての役割として、限りある地球資源を守るために有効だという点です。生活になくてはならない電気を化石燃料を消費することなく、太陽光という無限の資源を活用して生産することができます。
非常時の電力源となる|電気の自給自足ができる
太陽光発電のメリット四つめは、非常時に緊急電源となることができるということ。あるいは電力を自給自足することができるということがあげられる。電気を一般家庭で自給自足できてかつ採算ベースに合うのは、現状太陽光発電だけだろう。一部水力や風力発電を自作する方もあるが、極めて稀なケースだ。
送電ロスを最小限に食い止めることができる。
太陽光発電のメリット五つめは、発電所から自宅への電気の送電ロスを減らすことができるということがあげられる。電気は、発電所から変電設備を経て長い旅をして自宅へ運ばれる。その間でごく少量であるが電気はロスしている。自宅で発電することで、そのロスは最小限に減らすことができるようになる。