初期導入費用が比較的高額

太陽光発電を導入するのに一体いくらかかるの?

太陽光発電のデメリット比較的高額な初期費用

 

太陽光発電を導入するのには、比較的まとまったお金が必要になります。

 

少なくとも経験のないことに高額な費用を投資することはデメリットと言ってよいと思います。

 

太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの機材を購入して、それを設置・電気工事をして、

 

電線を通じて電力会社と連結させる必要があります。

 

場合によっては、屋根の補修など必要以上のお金が必要になることも少なくありません。

 

 

太陽光発電を導入するのには、一体いくら必要なのでしょうか?

 

そして、それはその金額は高いのでしょうか?

 

それとも支払った分の元はとれるくらい、お得なものなのでしょうか?

 

 

太陽光発電を導入するのには、概ね100万円はかかります。

 

当然パネルの枚数=発電規模によって変動してきますが、

 

単価にすると1kwあたり30万円程度で導入することができます。

 

ただし、全体の基本工事(パワコンの設置や電気工事など)があるので、

 

どれだけ発電規模を小さくしてもある程度の金額はかかってきます。

 

つまり、規模が大きいほうが1kwあたりの導入単価は下がることになります。

 

 

 

代金を必ずしも一括で支払う必要はないですが

すべての費用を一括で販売会社に支払う必要なありません。

 

場合によっては、ローンを活用することで初期費用としては、

 

一銭も出さなくても導入できることもあります。

 

ただし、ローンはあくまでもローン=借金です。

 

金融機関から借りて、販売会社に支払う仕組みです。

 

借りたお金は当然のことながら返済する必要があります。

 

また、返済期間が長ければ長いほど、余分に利息を返済しなくてはいけません。

 

つまり、最初にお金がかからないとしても、やはりお金を支払わないと導入できないのは、

 

間違いのない事実なのです。

 

なので、実質無料(ただ)!という謳い文句で販売する言葉にだまされないようにしましょう。

 

あれは、節電と売電収入でローンを支払えるという趣旨ですので、

 

どういうカタチであれ、あなたが代金を支払わなければいけないことは間違いありません。

やっぱりデメリットが大きいのでしょうか

ということは、やはりデメリットが大きいといえるのでしょうか?

 

キャッシュフローとしては、一括で現金がなくなることは大きなデメリットです。

 

一方ローンを組むことでキャッシュフローとしては、デメリットは完全に回避されます。

 

しかし、ローンを組むと金利負担があり、

 

その金利はローンでなかったら収入となっていたはずのお金です。

 

そういう観点からすると、ローン、現金ともに一長一短があると言ってよいでしょう。

 

 

 

あとは、そもそもそれだけの投資(現金の場合)あるいはリスクを負って(ローンの場合)

 

太陽光発電を導入する価値があるのか、という観点が必要になろうかと思います。

 

 

それは単刀直入に言って、場合によりますとしか言いようがありません。

 

完全に導入する場所によって発電量が変わってくるために、最終的にはしっかりと現地調査するまで、

 

導入したほうがよいか、それともやはりデメリットのほうが多くなるのか(損をするのか)、

 

明確に断言することはできないということになります。

 

だからこそ、当サイトで紹介している判断基準や判断プロセスが重要になってくるわけです。

 

詳しくは、どのようプロセスで判断したらよいか、をご参照下さい。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

初期導入費用が比較的高額関連ページ

発電量の不安定さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち2つめ、発電量が不安定であるということについてです。太陽光発電は、日照を受けることで電力を作り出すシステムです。当然曇や雨の日は発電量が少なくなります。そういった意味で、気象条件に大きく左右されてしまうというデメリットがあります。
発電コストの高さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち3つめ、発電コストの高さについてです。これは、全体論的に意味を持つことで、家庭単位では他のエネルギー源を持つ選択肢がないことを考えるとあまり意味がないかもしれませんが、他の発電方法に比べて発電コストは高くなります。
発電効率の悪さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち4つめ、発電効率の悪さについてです。2013年現在太陽光発電の中で最も高い発電効率の製品は約20%と言われています。他の発電方法と比べて効率が悪いとは言えますが果たして大きなデメリット足りうるのでしょうか?