発電効率の悪さ

発電効率とは?

太陽光発電のデメリット発電効率の悪さイメージ写真

 

太陽光発電は一般に発電効率が悪いというデメリットがあると言われています。

 

 

発電効率とは、エネルギー(熱量)をどの程度の割合で電力に変換することができるか、

 

という尺度で、あるエネルギーから電力へと変換する過程で生じるロスが少なければ、

 

少ないほどエネルギー効率がよく有効に変換しているとみなされます。

 

 

現在の市場に普及している太陽光発電システムのエネルギー効率は、

 

最大のもので約20%程度と言われており、将来的に2030年ごろには、

 

40%程度まで上昇すると考えられています。

 

つまり、現在のシステムよりおおよそ2倍程度の効率になるということです。

 

エネルギーロスは、太陽光パネルで太陽光エネルギーを電気に変換する際に生じるのと、

 

パワーコンディショナーで直流電気から交流に変換される際に生じるものと、

 

2種類があります。

 

そのため、パネルだけではなくパワーコンディショナーの性能も非常に大きな影響を及ぼすことになります。

発電効率が悪いのは本当にデメリットか?

発電効率が悪いということは、本当にデメリットになるのでしょうか?

 

効率が悪いことでロスされる無駄なものってなんでしょうか?

 

それはコストがかかるのでしょうか?地球に負荷を与えるものでしょうか?

 

 

発電効率が悪いことで生じるロスは、太陽光エネルギーです。

 

太陽光発電システムが導入されなければ100%ロスになっていた、

 

もともと使われていなかった資源なんです。

 

つまり、発電効率が悪いことは、デメリットに分類されていながら、

 

実際のところは、全くデメリットにもならないということなのです。

 

 

 

 

発電効率がよいものが出てきたらどうなるか?

ただし、2030年には現在の発電効率の約2倍の性能を持ったシステムが流通している見込みです。

 

そう考えると2030年と製品と現行の製品を比べたら、約半分の量で今の発電システムの発電量を

 

まかなってしまうわけなので、そういう意味では現行は性能レベルが低いと言わざるを得ません。

 

しかし、考えてみてください。

 

あなたが2030年まで導入を見合わせている間に隣で太陽光発電を設置した自宅では、

 

初期費用分の利益を稼いでいるのです。。

 

そうなんです。

 

どんな家電製品だって、毎年毎年よりよい製品が生み出されては流通します。

 

よい製品がより安く流通していくわけです。

 

そう考えると、いつ購入したらよいかわからなくなってしまいがちですが、

 

それでも先に導入したら先に導入した分だけ、太陽光発電は先に発電します。

 

つまり、受け取れる日照量はだれも同じなわけなので、早く導入した分だけ、

 

メリットを得ることができる、それが太陽光発電だというわけなのです。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

発電効率の悪さ関連ページ

初期導入費用が比較的高額
太陽光発電の4つのデメリットのうち1つめ、初期導入費用が比較的高額であるということです。このサイトが太陽光発電の価格を徹底的に調査することで、最安値で導入し費用対効果を最大化することが目的のように導入費用を抑えることは至上の命題です。
発電量の不安定さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち2つめ、発電量が不安定であるということについてです。太陽光発電は、日照を受けることで電力を作り出すシステムです。当然曇や雨の日は発電量が少なくなります。そういった意味で、気象条件に大きく左右されてしまうというデメリットがあります。
発電コストの高さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち3つめ、発電コストの高さについてです。これは、全体論的に意味を持つことで、家庭単位では他のエネルギー源を持つ選択肢がないことを考えるとあまり意味がないかもしれませんが、他の発電方法に比べて発電コストは高くなります。