発電コストの高さ

他のエネルギーによる電力と比べて発電コストが高いと言われるわけ

デメリット3発電コストの高さイメージ写真

 

太陽光発電のデメリット3つめは、発電コストの高さです。

 

本格的な発電事業者となる方以外にとっては、他のエネルギー源を持つことは、

 

実質不可能なことなのであまり関係ありませんが、相対的に見て、

 

太陽光発電は、他の発電方法と比べて発電コストが高いと言われています。

 

(興味のない方は読み飛ばして頂いても支障ありません。)

 

 

その理由を簡単に説明しておきたいと思います。

 

まずは、下記の図をご覧ください。

 

発電コスト比較グラフ
関西電力HPより引用http://www1.kepco.co.jp/bestmix/contents/02b.html

 

以上のグラフから見て分かるように太陽光発電は、コストが非常に高くなっています。

 

その要因は、発電力の弱さです。

 

発電力とは、当サイト独自で作った言葉ですが、時間あたりに発電することができる力を表します。

 

直感的にわかると思いますが、原子力はものすごいパワーを持っています。

 

電力はエネルギーが電気に変換されたものです。

 

したがってエネルギーが強いエネルギー源ほど発電する瞬発力=発電力が出るわけです。

 

太陽光発電は、太陽光エネルギーという無限の非常に強いエネルギーを電力に変換しますが、

 

それでも太陽から地球は、かなりの距離があり、太陽の元で人間が生活できるくらいに、

 

地上に照射されるエネルギーは非常に弱くなっています。

 

さらに発電効率は、現状その降り注ぐ太陽光エネルギーの最大20%となっています。

 

その2つの理由から発電力は、弱いとされています。

 

そのため、どうしても導入コストあたりの発電力が弱まるため、発電コストは高くなってしまうわけです。

 

ただし、これは飽くまでも正規価格で導入した場合の発電コストです。

 

現状は、導入補助があったり、流通価格が低下していることから、

 

さらに安くなっていると考えられます。

 

発電コストの高さを補うには

発電コストが高いというデメリットを補うにはどうしたらよいでしょうか?

 

実は、それを補うために創設されたのが全量買い取り制度なのです。

 

全量買い取り制度は、こちらをご覧いただけたら分けるとおり、

 

通常一般家庭で購入することができる電力よりも高い価格で、

 

発電した電力を買い取ってくれます。

 

再生可能エネルギーは、全体的に発電コストが高くなっているため、

 

事業として考えた時に、採算ベースに乗りにくいためです。

 

 

この制度をうまく活用して、初期費用を早期に回収することで、

 

発電コストを下げることができるようになります。

 

そういう意味では、早めに導入することが、発電コストを低減するために有効と言えるでしょう。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

発電コストの高さ関連ページ

初期導入費用が比較的高額
太陽光発電の4つのデメリットのうち1つめ、初期導入費用が比較的高額であるということです。このサイトが太陽光発電の価格を徹底的に調査することで、最安値で導入し費用対効果を最大化することが目的のように導入費用を抑えることは至上の命題です。
発電量の不安定さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち2つめ、発電量が不安定であるということについてです。太陽光発電は、日照を受けることで電力を作り出すシステムです。当然曇や雨の日は発電量が少なくなります。そういった意味で、気象条件に大きく左右されてしまうというデメリットがあります。
発電効率の悪さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち4つめ、発電効率の悪さについてです。2013年現在太陽光発電の中で最も高い発電効率の製品は約20%と言われています。他の発電方法と比べて効率が悪いとは言えますが果たして大きなデメリット足りうるのでしょうか?