発電量の不安定さ

太陽光発電による発電は日照量に左右される

発電量の不安定さ
太陽光発電は、太陽の光を浴びて初めて電力を作り出します。

 

夜間は当然発電しませんし、曇や雨の日は発電量は極めて少なくなります。

 

また、シーズンによっては日照時間が短くなり発電する時間が短かったり、

 

あまりに高熱になると発電効率が低下するということもあります。

 

また、地域によっては冬季は積雪のため発電することがほとんどできないということもあります。

 

(基本的にはよほどの豪雪地帯でなければパネルの上に雪は積もりません。)

 

このように、日照量に左右される=自然環境・天候に大きく左右されるため、

 

発電量が不安定になるというデメリットがあります。

 

当然、発電をしなければ導入した意味はなくなってしまいます。

 

常に、発電するかわからない水物の価値ということが言えるかもしれません。

発電量が不安定になることを回避するには

残念ながら日照量を安定させることを保証することはできません。

 

なぜなら天候は自然環境に依存しているため、それこそ人知を超えた世界だからです。

 

では、どうにも対処することができないのでしょうか?

 

 

いいえ、そんなことはありません。

 

 

気象状況は、過去の膨大な記録があります。

 

そして、年によって大きく変わることもありますが、過去累積されたデータがあるわけです。

 

つまり、ある一定の範囲の中で予測することができるのです。

 

それは、1年という短いスパンでも言えるし、向こう10年、20年という長いスパンでも言えます。

 

1年間というスパンだと振れ幅が大きく正確な予測は難しいですが、

 

10年という長いスパンで考えれば、ほとんど大きな誤差なく予測することが可能です。

 

なぜなら、よい年もあれば悪い年もある積み重ねを10回繰り返すことで平準化されるからです。

 

そういう意味では、導入前に検討する発電シミュレーションで長い目で見時には、

 

そんなに大きく外れることなく予測することが可能です。

 

 

つまり、発電量の不安定さを排除することは不可能ですが、

 

不安定さを想定した上で導入可否の判断シミュレーションをすることが可能なわけです。

 

 

詳しくは、太陽光発電を導入するか否かの判断基準についてご確認ください。

 

 

ここで導入するか否かの判断をする場合には、発電量が不安定なことを前提に、

 

判断していきますので、問題が問題でなくなるわけです。

 

また、「うちの地域は雪が多いから絶対メリットないよな・・・。」なんて思っている地域のほうが、

 

沖縄など発電量が多いと思われている地域に比べて成績が優秀だったりすることもあります。

 

そういう意味では先入観を持つことなく、まずはシミュレーションした上で導入の判断をすることを

 

強くオススメしたいと思います。

 

何もしないことは大きな機会損失を招きます。

 

こんな話があります。

 

アメリカで90歳以上のお年寄りにアンケートしたところ、

 

人生におけるもっとも大きな失敗は何ですか?という問いに対して、

 

もっとも多かった答えは、「失敗を恐れてチャレンジしなかったこと」だったそうです。

 

 

 


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

発電量の不安定さ関連ページ

初期導入費用が比較的高額
太陽光発電の4つのデメリットのうち1つめ、初期導入費用が比較的高額であるということです。このサイトが太陽光発電の価格を徹底的に調査することで、最安値で導入し費用対効果を最大化することが目的のように導入費用を抑えることは至上の命題です。
発電コストの高さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち3つめ、発電コストの高さについてです。これは、全体論的に意味を持つことで、家庭単位では他のエネルギー源を持つ選択肢がないことを考えるとあまり意味がないかもしれませんが、他の発電方法に比べて発電コストは高くなります。
発電効率の悪さ
太陽光発電の4つのデメリットのうち4つめ、発電効率の悪さについてです。2013年現在太陽光発電の中で最も高い発電効率の製品は約20%と言われています。他の発電方法と比べて効率が悪いとは言えますが果たして大きなデメリット足りうるのでしょうか?